任意売却のメリット

任意売却とは、抵当権等が設定されている不動産を競売で処分せずに、抵当権者(金融機関)との調整及び合意に基づき、その不動産の所有者自らの意思で売却する手続きです。抵当権者は、その売却代金より債権を回収し、一方債務者は、抵当権を解除してもらうのです。

普段馴染みのない「任意売却」には下記のようなメリットがあります。

1.自分の意思で売却することができる

苦労して手に入れたせっかくの自宅が競売にかけられ二束三文の値段で知らない誰かに買われるのではなく、自分の意思によって売却を決めることにより、前向きな気持ちのまま人生を再スタートすることができます。

2.手元に資金を残せる可能性がある

競売と違い、引越代を用意できる可能性が高い。

数年前なら100万円以上の引越費用を認めてもらえることもありましたが現在債権者が認める金額は20万円程度であることが多いようです。

3.競売よりも高値で売れる可能性が高い!

早く任意売却に取り掛かれれば、実際の市場価格により近い金額での売却が可能となります。したがって、より多くの借金を返済できます。

4.競売とは違いプライバシーを無視されるようなことがない

一般の不動産売買と同様の販売方法となりますので、ご近所に売却理由を知られる心配はほとんどありません。親しみのある地域にそのまま住み続けることが可能です。

5.所有者の持ち出し(売却時にかかる費用)がゼロ

ご依頼人の持ち出し金が全くかからない仕組みです。通常,不動産仲介手数料は売却代金から費用として充てられるので費用の心配はありません。

6.売買契約交渉の中で引越し日について相談できる

競売とは違い、突然、新しい落札者が来て急な立ち退きを迫られることはありません。

債権者との交渉次第で引越し日をある程度柔軟に設定できます。

7.自宅に住み続けることができる可能性がある

競売ですと、他の債務等が残るケースがほとんどです。

任意売却では、競売よりも残債(売却後に残ったローン)が少なくなる、または全て無くなるケースもあり、債権者の残債務の対応(分割支払の金額など)も競売の場合とは全く違います。

 

当事務所では借金問題について任意売却以外の解決策についてもご提案いたします。お一人で悩まず、まずはご相談下さい。

 


  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP