住宅ローンが原因で消費者金融に借金をすることになってしまった

相談前

30代既婚の男性Bさん(公務員)は当時,専業主婦の妻と子供二人の計4人暮らしでした。

月収の手取りは約23万円,賞与は夏と冬にそれぞれ約50万円という安定した収入のBさんに異変が生じ始めたのは約4年前に住宅ローンを組んで自宅を購入したことがきっかけでした。
住宅ローンの返済を優先するために小遣いを減らされてしまったBさんは小遣いの不足分を補うために消費者金融から借金をすることにしました。しばらくは1社のみの取引でしたが,やがて返済に追われるようになり当事務所に相談に来られた時には住宅ローンを除いて6社から約500万円の借金があり,月の返済額は10万円を超えていました。

みらい司法書士事務所の解決方法

Bさんとの話し合いの結果,自宅を守りたいというBさんの意向を尊重し,住宅ローン以外の借金を5分の1に減額してもらいながら,住宅ローンの支払いはそのまま継続していく個人再生の手続きを取ることにしました。

解決後

裁判所に個人再生の申立をした結果,約500万円の借金は約100万円に減額となり,月の返済額も3万円以下になりました。また,同居の働いている子供からは家計への援助をしてもらうことになりました。ようやく家計収支も安定し,自宅を守りながら借金の返済も行えるメドが立ちました。

司法書士からの一言

この事例のように住宅購入をきっかけに家計が苦しくなり,カードローンなどの借金に頼るようになってしまうこともよく見受けられます。まず住宅購入自体が自分の身の丈に合ったものなのか,家族が一致して返済に協力していく覚悟があるのかをよく検討してみる必要があります。この事例のBさんのように同居の家族に収入があっても,このような事態になるまで,家計は別々で一切援助をしてもらっていないという家庭は意外と多いのです。

 


  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP