妻が結婚前からの借金を夫に隠してさらに借金を増やしてしまった

相談前

40代既婚の女性Aさん(パート社員)は当時,会社員の夫と二人暮らしでした。子供も既に独立し,夫と自分の収入で月額約30万円の収入があり,普通の暮らしをするには十分なはずでした。しかし,Aさんには結婚前から夫に内緒の借金があり,その借金の返済を行うと生活費が不足し,スーパーで食料品を買うにもクレジットカードを使ってしまうなど

徐々に借金が増えていってしまいました。当事務所に相談に来られた時点で8社に対して約380万円の借金があり,月の返済額は16万円を超えていました。

 

みらい司法書士事務所の解決方法

家計の内容を詳細に聞き取ると,夫にも少額ではあるが借金があるなど,夫婦ともに金銭管理にルーズなことが分かってきました。Aさんとの話し合いの結果,借金の返済が無くなっても現時点では家計収支がマイナスとなることから,自己破産により借金を全額免除(ゼロ)にしてもらうことにしました。

 

解決後

裁判所に自己破産の申立をした結果,約380万円の借金は全額免除(ゼロ)になりました。また,当事務所の指導のもとで家計の見直しを行い,なんとか支出を収入の範囲におさめることが出来るようになりました。

 

司法書士からの一言

この事例のように夫婦間でお互いの借金を隠したまま生活を続けている方が多くいます。特に女性にその傾向が多いように見受けられます。この事例でも結婚時に妻から夫に借金の事を打ち明けられていれば,傷が浅いうちに早めの対処をすることで自己破産という事態を避けられたかも知れません。夫婦間のコミュニケーションが不足していることが多額の借金の原因であることも多いのです。

 


  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP