パチンコがやめられなくて(京都府八幡市在住50代男性Lさん,個人再生の事例)

相談前

八幡市在住の50代男性Lさんは,結婚前からパチンコにのめりこみ,借入してパチンコ通いをしていました。結婚を機に身内の援助で一旦は借金を清算したものの,ギャンブル狂いは収まらず,結局,妻には愛想をつかされて離婚にいたりました。離婚に際して再び身内の援助で借金を清算したものの,しばらくするとまたパチンコにのめりこみ,借金を重ねてしまいました。

その後は独り身の気楽さから,借りては返すの自転車操業を続けていましたが,あるときから借入れができなくなり,自転車操業ができなくなりました。三度身内に援助を乞い,200万円の援助を得ましたが,その資金で借金を一括返済することなく,毎月の返済や生活費,遊興費に費やしてしまいました。

これ以上の身内からの援助は得られるはずもなく,ようやく己の収入のみを頼りに返済をしてみると,その返済額の多さと利息の高さに改めて愕然としました。数か月で音を上げ司法書士を訪ね,債務整理を依頼しました。

みらい司法書士事務所の解決方法

 Lさんは,当初は任意整理での解決を希望していましたが,債権調査をした結果,想定以上の多額の債務があることがわかったため,住宅ローン特則を利用した個人再生手続に変更しました。

解決後

再生手続により,Lさんの借金はおよそ300万円から100万円まで減額され,月々の支払額は3万円以下になりました。自宅はそのまま住み続けることができました。

司法書士からの一言

 Lさんは当事務所に訪れるより前に支払いをしないで放置していた債権者があり,そのことをすっかり失念していました。債権調査に入った後にその債権者から訴訟提起され,訴訟対応と申立準備,家計収支の改善を素早くしなくてはいけないという慌ただしい状態になってしまいました。

もっとも,Lさんは離婚に至ってもなお収まらなかった放蕩ぶりを親類からそうとう厳しく叱責されたらしく,当職の指摘には素直に応えて家計収支改善と書類収集に協力してくださいました。おかげで,意外にもスムーズに申立準備を整えることができました。訴訟の結審前に再生手続開始申立をすることができたため,債権者は訴訟を取り下げてくれました。

Lさんのパチンコ狂いは,GA(ギャンブラーズアノニマス)という互助組織に通うことでどうやら収まっているようで,収入の範囲の生活にもすっかり慣れた様子です。

多重債務の解決にはやはり本人の自覚が一番大切なんだな,と改めて感じさせられた事例でした。借金を作った身内にお金を渡すことは,往々にして助けになりません。むしろ借金の整理の機会を逸するという大きな損失があります。お金を渡すよりも専門家に相談するよう促しましょう。

 

  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP