借金問題は解決したが…(京都府城陽市在住の40代Nさん夫妻,自己破産・自宅売却の事例)

 相談前

40代男性のNさんは,結婚と同時に妻の両親の援助を得て住宅を購入し,同時に妻の実家の家業である建築業を引き継ぎました。当初は事業は順調でしたが,耐震偽装事件をきっかけに仕事が激減し,資金繰りに窮するようになりました。資金繰りのためにNさん夫妻は消費者金融で借り入れるようになりましたが,高金利の借金で運転資金を手当てした結果,利益がほとんどなくなってしまいました。数年頑張って耐えましたが,このままではどうにもならないと当事務所に相談に訪れました。

 

 みらい司法書士事務所の解決方法

Nさんは住宅ローンの他に自宅に事業資金の借入の根抵当権が設定されていましたので,住宅ローン特則を利用した民事再生はできません。返済はとてもできない金額の借金でしたので,やむなく自己破産を申立てることにしました。

 

 解決後

自己破産により借金の支払い義務はなくなりました。

自宅の任意売却は住宅ローン債権者の反対で不調に終わったため,競売となりました。Nさんの妻の父が競落した為に,Nさん夫妻はそのまま住み続けることができることになりました。

 

 司法書士からの一言

 Nさん夫妻はNさんの妻の父の援助のおかげで,大きな痛みもなく借金の支払い義務が無くなりました。良かったです。ところが大変残念なことに,裁判所から免責決定が出た翌月から当事務所への報酬の支払いが途絶え,連絡にも応答しなくなってしまいました。結局当事務所への報酬は踏み倒されてしまいました。

Nさん夫妻の現在の様子は分かりません。しかし,残り数万円の報酬の支払いを惜しんで当事務所とのかかわりを絶ってしまうなどもったいない話です。

借金問題が解決してもその後の人生で法的なアドバイスが欲しい場面は必ずあるものです。当事務所では,過去の依頼者の皆さんから様々な相談があります。正式なご依頼として承る場合もあれば,電話で簡単なアドバイスをして済むこともあります。お役に立てる場合もあれば,直接お役に立てないこともあります。そういう時は,適切な相談窓口や他の専門家を紹介しています。

いざというときに相談できる司法書士を知っているというのは心強いものですよ。

 

  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP