和解はできたけど…(京都市伏見区在住の30代女性Uさん,任意整理の失敗事例)

 相談前

 30代女性のUさんは,離婚後に一人で子育てを頑張ってきました。Uさんの収入は決して多くはなく,生活費が足りなくなるとクレジットカードや消費者金融を利用していました。借金は少しづつ増え,Uさんの生活を圧迫していきました。4社から110万円の借入になり,月々の返済額が3万円以上になったところで,このままではいけないと考え,当事務所に相談に訪れました。

 

 みらい司法書士事務所の解決方法

Uさんの取引先の信販会社や貸金業者を調査したところ,約定の110万円の借金は70万円以下に減り,月々の返済額は1万9千円まで減らすことができました。

 

 解決後

返済額は減ったものの,Uさんの生活が厳しいのは変わりません。和解成立後1年を経過する前にUさんの債権者への支払いが滞り,当事務所からの連絡にも応答しないため,やむなく辞任しました。

 

 司法書士からの一言

今回は解決できなかった残念な事例です。Uさんが当事務所からの連絡に応答しなかったことが残念でなりません。

みらい司法書士事務所は和解成立をもって業務完了という取扱いはしていません。和解に基づく支払いの途中で問題があれば対応しています。債権者と交渉して再和解したこともありますし,家計収支を見直して返済原資の捻出のための助言をしたこともあります。民事再生や自己破産の申立てに移行したこともあります。

Uさんにも当事務所が手伝えることはまだまだあったはずです。当事務所が連絡するのは債権者のように単に取り立てをするためではなく,事情を聴いて解決策を考えるためです。

依頼者の方が諦めない限り,当事務所はサポートを続けます。

 

  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP