病気が原因で住宅ローンが支払えなくなってしまった(任意売却,伏見区在住の40代女性Jさん)

相談前

 40代前半の既婚女性Jさんは,ある専門職の資格を持ち比較的高い収入を得ていました。夫の収入は高くはないものの4人の子に恵まれて幸せな生活をしていました。

ところが数年前にJさんは病気で退職を余儀なくされ,夫のみの収入になってしまいました。これをきっかけにクレジットカードや銀行のカードローンを利用するようになり,徐々に借入が増えていきました。

Jさんは病気療養が終わり復職すれば問題ないと考えていましたが,体調がよくなり復職すると病気が悪化することを幾度も繰り返すことになり,借金はいつしか300万円近くになり,月々の返済額も8万円以上になってしまいました。いよいよ住宅ローンの支払いも難しくなるという段階になり,Jさんは意を決して当事務所に相談に訪れました。

 みらい司法書士事務所の解決方法

当初は住宅ローン特則を利用した民事再生を考えていましたが,調査の結果住宅の価値が思いのほか高く,民事再生では債務が減らないことがわかりました。任意整理をするしかない状況でしたが,その場合は月々の返済額は少なくとも5万円,場合によっては8万円となり,現在からの劇的な状況の改善とはなりません。

数か月間家計収支を確認した結果分割の返済は不可能であると判断し,住宅を売却して売却益で債務を返済することにしました。

 解決後

Jさんは当初は何とか自宅を維持したいと考えていましたが,それは子供たちの環境を変えたくないという思いからでした。家計収支を確認後は自宅売却はやむを得ないと理解はしていましたが,その後どこに住むのかはずっと悩んでいました。ところが,実家のある地方都市に転居することを子供たちにそれとなく提案すると,意外にも子どもたちは乗り気でした。

自宅の売却は順調にすすみ,無事に債務を一括で返済することができました。Jさん一家はJさんの実家のある地方都市に転居していきました。その地方都市では空き家が問題になっており,Jさんの父の紹介で格安で住むことができる物件が見つかり,豊かな自然環境でゆったりと過ごしています。

 司法書士からの一言

Jさん夫婦は聡明な方で,家計収支を整理した結果分割での債務整理は不可能であることをすぐに理解し,どうしたら収支を均衡させて「豊かに」暮らすことができるかを考え始めました。その結果が田舎への移住だったわけです。

自宅を売却しなくてはならない状況になると,通常そのことを受け入れてもらうまでに大変な労力が必要なので,Jさんは珍しいケースです。

債務整理をするということは,借金問題を解決するために何かを手放すということです。趣味や嗜好品を手放すだけで解決することもあれば,自動車を手放す必要があることもあります。Jさんのように自宅を手放す必要があることもあります。手放さなくてはならない状況になったら,それはもうどうしようもありません。大切なのは,無くしたモノに拘ることなく次のより良い生活の為に力を尽くすことです。Jさんはそういう切り替えが素晴らしかったですね。

 

  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP