突然勤務先が倒産してしまった!借金が返せない・・・(宇治市在住の40代男性Jさん)

相談前

40代独身男性Jさんの勤務先はある公益法人からの受注を収益の柱としており,給与は高くないものの,安定した職場と思われていました。

ところが,経営者が会社の資金を不正に流用しており,そのことが原因で公益法人からの受注が途絶え,あっという間に倒産してしまいました。

Jさんは急いで転職先を探しましたが,なかなか見つかりません。そのうちに僅かにあった貯蓄は底をついてしまいました。Jさんは真面目な性格で,それまで借金は一切したことがありませんでしたが,やむなくクレジットカードを利用して生活費全般を賄うようになりました。


ようやく新たな仕事を見つけた時には,Jさんの借入は4社から120万円,月々の返済額は5万円以上になっていました。就職したものの,生活はぎりぎりで不安になったJさんは当事務所に相談に訪れました。

みらい司法書士事務所の解決方法

債権者各社と和解交渉し,将来利息なしでの分割弁済で合意しました。月々の返済額は3万円以下になりました。

解決後

毎月の返済の負担が2万円減り,Jさんは一息つくことができました。クレジットカードは利用できなくなりましたが,もともと借金と無縁の生活をしていたJさんにとってそれは特に問題ではありませんでした。Jさんきちんと生活をおさめ,順調に債務を返済することができました。

司法書士からの一言

130814_0063Jさんの債務は利息制限法の制限利率以下の借入のため,減額は一切できませんでしたが,減額ができなくても決して無駄ではありません。

120万円を毎月5万円返済する場合,15%の利率なら返済総額は140万円以上になります。毎月3万円の返済ならば返済総額は160万円以上です。たとえ借金の元本を減額できなくても,少なくとも20万円分以上は経済的な利益があります。また,月々の返済額が減額されれば,新たな借入で債務を増やす危険はずっと少なくなります。

 

債務が減らないなら債務整理は無駄だと諦めてしまうのは早計です。まずは専門家に相談してみましょう。

  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP