おまとめローンで借金が2倍になってしまった(伏見区在住の20代男性Lさん)

相談前

130814_004020代後半の男性Lさんは服飾品を販売する店員として勤務してきました。服飾品店の店員はその時期の流行の衣類が制服代わりです。

社員割引で購入できるとは言えブランド衣料は数万円するものも珍しくなく,購入に負担を感じることもありました。もっとも,服飾品が好きでこの仕事をしているLさんは特段不満ということもなく,他に趣味もないLさんの生活が破綻することもありませんでした。

ところが,Lさんに3年前に彼女ができると,彼女とのデートやプレゼントにお金を費やすようになり,生活が苦しくなってきました。Lさんはここで節約するどころかクレジットカードで全てを支払い,それだけではなく彼女に対する見栄から不相応な高級腕時計をローンで買うなど,ますます激しい浪費をしてしまいました。

そんな生活がいつまでも続くはずもなく,1年半ほどで支払い不能となったLさんは,所謂おまとめローンで解決をはかりました。150万円を借入し,毎月35000円の返済をする計画でした。これで解決できると考えていたLさんですが,一旦身についた浪費癖は収まらず,せっかくおまとめローンで完済したクレジットカードを再度利用してしまいました。

最初に借入をしてから3年後,おまとめローンを利用してから1年半後,Lさんの借入は370万円になり,月々の返済額は10万円以上となって,どうしようもなくなって相談に訪れました。

みらい司法書士事務所の解決方法

Lさんは借入の全てが完全な浪費であり,それもごく短期間のものであることから,自己破産を申立てても免責許可が得られない可能性がありました。

そこで,民事再生手続で債務を減額して解決することにしました。

解決後

再生手続により,Lさんの借金はおよそ370万円から100万円まで減額され,月々の支払額は3万円以下になりました。

司法書士からの一言

130814_0023おまとめローンは諸刃の剣です。借金の原因と向き合って反省することなくおまとめローンを利用すると,Lさんのように借金を増やすだけの結果になることがあります。おまとめローンの審査は,当然今後新たな借入をしないという前提で行われるはずですので,新たな借入をしたら破綻するのは当然です。


Lさんは今回は民事再生という法的整理を選択したため,当分の間はLさんは新たな借入はできません。借金が増えて破綻ということは絶対にないわけです。また,おまとめローンの審査と違って当事務所では受任から申立までの数か月間に家計の改善の指導をします。再生計画が履行できるという見通しもなく民事再生を申立てることはありません。実際に今まで当事務所で書面作成した民事再生で再生計画が履行できなかったことは一度もありません。

 

おまとめローンを検討している方は,ちょっと立ち止まって考えてみましょう。もともとの借入の原因は解決していますか?家計収支の見直しはできていますか?そこで不安になるようならば,おまとめローンではなく専門家に相談しましょう。

  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP