すっかり忘れていた保証債務があった

相談前

30代女性のAさんは二人の子供を育てるシングルマザー。仕事を掛け持ちして頑張っていましたが,どうしても生活費や教育費が足りず,少しずつカードローンでの借入をしていました。

2社から35万円程の借入になって月々の返済額が1万円を超えると,収入が少ないAさんの生活はますます苦しくなりました。Aさんは更に借り入れを増やそうとしましたが,どこも貸してくれません。

友人にそのことを漏らすと,「そんな状態ならこれ以上借りたら酷いことになるから,専門家に相談した方が良い。」と勧められ,当事務所を訪れました。

みらい司法書士事務所の解決方法

Aさんの35万円の債務で破産をする訳にもいかないため,当初は月々の弁済額をできるだけ少額にした任意整理により解決する方針でした。

ところが,よくよくAさんに話を聞くと,結婚していた時に住宅ローンの保証人になっていたというのです。早速調査したところ,保証債務が1000万円以上あることがわかり,方針を自己破産に変更しました。

解決後

自己破産を申立てる過程で家計の見直しをし,Aさんが借金に頼らなくても良いよう家計収支を均衡させることができました。

「住宅ローンの借金が無かったら,他の借金の返済をしなくてはいけなかったんですよね?なんだか不思議です。」と笑っていました。

司法書士からの一言

Aさんの場合は元々債務整理の予定でいて特段の財産もない状態だったので,住宅ローンの保証債務があったことが幸いしたような形にはなりました。

しかし,通常はこんなことはめったにありません。住宅ローンに限らず保証債務のことは忘れてしまっている方が多いので,注意が必要です。保証債務は主債務者が支払いを続ける限り保証人には何の連絡もありません。何年も十数年も経って主債務者が亡くなってから保証人に請求がくるなんてことも起こります。


また,Aさんの場合は元夫や不動産業者の言うことを鵜呑みにして保証債務を放置していたものです。利害関係人の言うことを鵜呑みにしないで,必ず専門家に相談しましょう。

  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP