細かな浪費の積み重ねが巨額の債務に

相談前

40代前半の独身男性Nさんは実家で両親と暮らしており,手取り収入は20万円程と同世代の男性に比べて多くはないですが,家賃や光熱費の負担が無いため自由につかえるお金は比較的多い状態でした。


しかし,手元のお金を使いきっても衣食住に困らないという状況に慣れたNさんは,手元のお金を使い切るとクレジットカードで買い物をしたり,消費者金融で借入をするようになりました。

最初は数万円だった借入はどんどん増えていき5年ほどの間に10社から420万円の借入に膨らんでしまいました。月々の返済額は10万円以上になり,不安になったNさんは司法書士に相談に訪れました。

みらい司法書士事務所の解決方法

相談に来た時点でNさんはまだ遅れることなく返済をしていましたが,返済しては借りるの自転車操業に陥っており,完済の見通しが立たない状況でした。


Nさんは「両親に内緒で解決したい。」「自己破産はしたくない。」との希望でしたので,個人再生手続での解決をはかりました。

解決後

ご両親には知られることなく個人再生手続をすることができました。420万円の借金は100万円に減額され,月々の支払いは3万円以下になりました。

司法書士からの一言

家族に内緒で債務整理をしたいとの要望はしばしばあります。Nさんの場合は安定した収入があったこととご両親に食費として毎月一定額を渡す以外は家計を別にしていたため,自己破産をすることなく,また,ご家族に内緒で手続きを進めることができました。


Nさんが更に借金を重ねて完全に支払い不能になってから当事務所に相談に来ていたら,おそらくNさんの希望通りにすることはできなかったでしょう。

当事務所は可能な限り依頼者の方の意向を尊重して手続をしますが,いつも希望通りにできるわけではありません。少しでも早く相談に来ていただければ,より多くの要望にお応えできます。

 

  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP