奨学金の返済に困ってしまった

相談前

40代独身の男性Mさん(派遣社員)は当時,姉(無職)と2人暮らしでした。奨学金をもらい高校,大学を卒業しましたが,卒業後は安定した仕事に就くことが出来ず,奨学金の返済はほとんど行うことができませんでした。それどころか職を転々とする間の生活費をまかなうためにカードローンに手を出してしまいました。最後は,住んでいたアパートの家賃も滞納してしまい,姉のアパートに転がり込んだ次第でした。

当事務所に相談に来られた時点で奨学金も含めて5社に対して約800万円の借金があり,月の返済額は10万円を超えていました。

 

みらい司法書士事務所の解決方法

派遣社員として月額25万円の手取りがあったが,身を寄せた姉が病気により失職し,二人分の生活費をまかなう必要があったため返済の余力は無いものと判断し,自己破産により借金を全額免除(ゼロ)にしてもらうことにしました。

 

解決後

裁判所に自己破産の申立をした結果,約800万円の借金は全額免除(ゼロ)になりました。借金の負担が無くなったため,楽ではないものの何とか生活が出来るようになりました。

 

司法書士からの一言

この事例のように学生時代の奨学金により多額の借金を抱えてしまったものの卒業後の就職が上手くいかず,すぐに返済に窮してしまう方がいます。奨学金という性質上,多額になることも多く,卒業後の生活を圧迫してしまうことも多いでしょう。

もちろん,奨学金を受けた人が全て返済を行わなければ制度自体が破綻して,後に奨学金を希望する人が困ってしまうことになるかも知れません。しかし,返せないほどの多額の借金を抱えたまま一生を借金の返済に費やす人生もまた大いに疑問です。

  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP