お客様の声(破産申立書作成をご依頼の奈良県在住のY・K様)

Y・K様(自己破産

司法書士からのコメント

Y・K様からは,自己破産申立書作成のご依頼をいただきました。

アンケートにある「ブラックリスト」ですが,これはこのような名称のリストはもちろんありませんし,また,全ての貸金業者や金融機関で共有する「貸付を禁止する人物の名簿」がある訳ではありません。

貸金業者や割賦販売業者,銀行が利用する信用情報機関には,顧客の信用情報が保管されており,貸金業者らはこれを閲覧することができます。日本における信用情報機関はJICCCICJBAの3つです。信用情報の保存期間は一様ではありませんが,債務整理開始などの所謂「事故情報」は概ね5年~7年です。

この事故情報は当然新規の融資の審査に際してはマイナスの情報となりますが,事故情報がある顧客に対して融資を禁ずる法律がある訳ではありません。実際に,当事務所の過去の依頼者の中には自己破産から5年を経ずに住宅ローンの審査を通過した方がいます。

一方で,信用情報に事故情報が無い方が必ず融資の審査に通過できるとも言えません。信用情報はあくまでも融資の審査基準のひとつに過ぎず,その他の審査基準は各金融機関によって様々だからです。

信用情報について一喜一憂するよりも,現実の家計収支を見直して健全な状況をつくることに注力しましょう。そうすれば,結果的には融資の審査にも通りやすくなるでしょう。

 

 

 

  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP