元夫への名義貸しをした債務の請求が来た(京都市伏見区在住の40代女性Kさん,自己破産の事例)

相談前

京都市伏見区在住の40代女性Kさんは,数年前に夫と離婚して二人の子供を育てるシングルマザーです。

元夫は自営業をしており,その運転資金のために多額の借金をしていました。離婚する直前にはKさん名義で消費者金融やカードローンでお金を借り,事業資金としていました。Kさんは元夫がKさん名義で借入していたことは分かっていましたが,「返済は俺がするから問題ない。」との元夫の言葉を素直に信じて特に何も心配していませんでした。

元夫と離婚して2年ほど経つとKさんのもとに債権者から散発的に督促状が届くようになりましたが,Kさんは「元夫が返済するから自分は関係ない。」と全て放置していました。しかし,債権者の一つである武富士が破綻して日本保証に名を変えると,それまでと違って大量の督促状が届くようになりました。

困惑したKさんが勤務先の上司に相談したところ,上司の紹介で当事務所に相談に訪れました。

 

みらい司法書士事務所の解決方法

Kさんの手元に残っていた書面とKさんからの聴き取りでは,一部債権は消滅時効期間を経過しており,実際の負担は数十万円になると思われました。また,過払金が発生しているところもありそうでした。ところが実際に調査してみると既に債務名義を取得されている債権者が複数あり,債務総額は200万円以上あることがわかりました。

そこで,方針を自己破産に変更し,無事に免責許可を得ることができました。申立費用と司法書士報酬のほとんどは過払金で賄うことができましたので,Kさんの負担は数万円程でした。

 

解決後

Kさんは相談に来た当初から解決後に至るまで,当事者意識はほぼゼロでした。免責許可を得て「良かったですね。これで解決ですよ。」と伝えても,「もう終わりですか?」と特に感慨も無い様子でした。

 

司法書士からの一言

Kさんは最初から最後まで当事者意識がないままに終わってしまいました。借入も返済も自身では一切しておらず,報酬の支払いもほんの一部でしたので仕方ない部分もあります。

Kさんは裁判所から届いた訴状も支払督促も全て放置するという徹底ぶりでしたので,取り立てに対しても大きなストレスを感じていたわけではなさそうです。日本保証からの督促状についても「うっとおしいな…。」くらいの認識だったようです。

通常は放置していたら問題が大きくなって解決困難になるのですが,シングルマザーであるKさんにはさしたる財産も無く,過払金で費用が支払えなければずっと放置していたかもしれませんね。

とはいえ,将来にわたって放置で問題ないなどということはありません。Kさんのお子さんが成長して進学する際には奨学金を申請することになるでしょうが,その際に困ったことになる可能性もあったのです。解決してしまいましたので,Kさんがそのことに気付くことは無いんでしょうけど。

 

  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP