おまとめローン詐欺に騙され巨額の債務を負ってしまった(京都市伏見区在住の30代男性Yさん,自己破産の事例)

相談前

30代男性のYさんは介護職員として10年以上勤務していました。介護職員の給与は多くはありませんが,どうにか独りの生活をするに足るものでした。Yさんは職場で知り合った女性と結婚しましたが,預貯金がほとんどないYさん夫婦は結婚生活をはじめるための住居や家財を借金で賄ってしまいました。

本来ならば夫婦二人の収入を合わせれば以前より余裕のある生活ができるはずのところ,借金の返済のために家計は赤字になり,少しずつ借金は膨らんで行き,150万円程になってしまいました。焦ったYさんはダイレクトメールの「借金一本化」の文言につられて申し込んだところ,それは詐欺であり,更に債務を増やす結果になってしまいました。

借金の総額は300万円になり,返済額は毎月15万円にもなってしまいました。更に,困り果てたYさんに妻が妊娠したことを告げました。

妊娠した妻はいずれ産休を取らなくてはいけませんし,そうなれば収入が減って生活が立ち行かなくなることは間違いありません。このままではいけないと感じたYさんは,当事務所に相談に訪れました。

 

みらい司法書士事務所の解決方法

Yさんの収入は20万円程でしたので,毎月15万円の支払いはどう考えても不可能です。裁判所に自己破産を申立てし,支払い義務を免除してもらうとともに,奥さんが出産後復職するまでの家計収支の計画を立て,どうにか生活ができるようになりました。

 

解決後

自己破産により借金の支払い義務はなくなりましたが,奥さんが産休に入ってから復職するまでの数か月をどう乗り切るかが大きな課題でした。幸い,奥さんは聡明でしっかりした方で,妊娠中にもかかわらず家計収支の改善と産休中の生活費のねん出の計画作成に全面的に協力してくださいました。

Yさん夫婦は奥さんの産休中の収入減を乗り切り,奥さんは無事に出産し,復職を果たしました。

 

司法書士からの一言

Yさんは結婚生活の始まりで借金をしてしまったこと,怪しげなDMに騙されて借金を増やしてしまったことなど,傍から見れば「なんでそんなことを?」と思うような行動をしています。しかし,多重債務に陥るきっかけはほんのわずかな判断の間違いであり,多重債務に陥った後は冷静な判断ができなくなるということは,良くあることです。

多重債務に陥ったら,「自力で頑張って回復する」というのはほぼ不可能です。お身内の援助で立ち直る方もいますが,援助をしてくださる身内が居なければ第三者に頼るしかありません。そんなときには,怪しげなDMの誘いに乗らず,専門職に相談してください。

 

  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP