給与の遅配で返済が大変に(宇治市在住の30代女性Kさん,任意整理の事例)

相談前

30代の女性Kさんは,父は早くに亡くなり,母と二人暮らし。母は事業をしていた父の保証人として毎月2万円を返済していたため生活は苦しく,Kさんは生活費の補てんのために少しずつ借入が増えていきました。債務総額が300万円,月々の返済額が7万円を超えたところで当事務所に相談に訪れました。

みらい司法書士事務所の解決方法

利息制限法所定の制限利率で計算し直すと,債務の総額は130万円程まで減額することができました。多くの債権者とは長期の分割での支払いで和解し,月々の支払額は2万6千円まで減額することができました。

解決後

月々の支払額が大幅に減ったKさんでしたが,和解がまとまってしばらくしてから勤務先の経営状況が悪化し,給与の遅配が起こるようになりました。その頃は既に残債務は80万円程まで減っており,これから自己破産申立もためらわれました。

Kさんは母に心配かけまいと状況を知らせていませんでしたが,家計を引き締めるには母にも事情を知ってもらわなくては協力を得られないとの司法書士の説得により,母に事情を話しました。その後,母の保証債務の毎月の支払い額を減らすことで何とか厳しい状況を乗り越えることができました。

司法書士からの一言

Kさんは完済までこぎつけることができました。給与の遅配で債権者への支払いが遅れる状況になる度に各債権者に連絡し,Kさんに事情を伺い,励ましたり労ったりしていました。Kさんと電話やメールでやりとりした数は,過去の全ての依頼者のなかで一番多いはずです。

Kさんは問題があればすぐに知らせてくださいましたので,先んじて債権者への対応ができました。大変でしたが,Kさんが完済した時はとても嬉しかったです。

  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP