援助が仇に(滋賀県大津市在住の30代男性Kさん,個人再生の事例)

相談前

滋賀県大津市在住の30代男性Kさんは,独身時代のかなりの期間とある宗教の熱心な信者で禁欲的な生活を送ってきました。その後,その宗教から離れると禁欲的な生活の反動から風俗店にのめりこみ,借金を重ねるようになりました。それでも父親の援助で一旦は借金を清算し,結婚して住宅ローンで新居を購入した頃にはすっかり落ち着いた生活をするようになっていました。新居は妻の両親も呼び寄せて二世帯同居にする予定だったためかなり大きなもので,住宅ローンの支払額は月々12万円以上にもなりました。しかし,Kさん自身は安定した職業についており,妻も働いて家計を助ける予定でしたので,特に問題はないはずでした。ところが,実際に同居をはじめるとKさんと妻の母の折り合いが悪く,その影響で夫婦中まで険悪になり1年も経たずに離婚に至ってしましました。

その後Kさんの生活は再び荒れてしまい,借金を重ねては父親の援助で精算することを繰り返していました。繰り返す度に借金の額は増え,700万円を超えた時についに父親も援助を断り,Kさんと共に当事務所に相談に訪れました。

みらい司法書士事務所の解決方法

 Kさんの債務は,全て浪費によるもので自己破産を申立てても免責許可が得られないおそれがありました。また,住宅ローンは父親が連帯保証人になっており,Kさんが自己破産しても父親に請求が行くことになります。そこで,債務を免責不許可事由に関係なく債務を圧縮して支払うことができる個人再生手続をとることにしました。

解決後

 再生手続により,Kさんの借金はおよそ700万円から300万円程まで減額されました。それでも三年間での支払いは難しいため,裁判所に事情を説明する上申書を提出し,5年間の支払いで月々の支払額は5万円になりました。

司法書士からの一言

今回の事例では,Kさん自身の問題が一番大きいのはもちろんです。風俗通いで700万円もの借金をつくるのは普通ではありません。しかし,父親がKさんを助けるつもりでした援助や住宅ローンの連帯保証人になったことが,結果としてKさんの借金を膨らませることになっています。父親が援助しなければ借入不可能になった借金が膨らむことはなかったですし,保証人にならなければ住宅ローンの審査が通りませんから,高額な住宅ローンに苦しむ事はありませんでした。

多重債務者にお金を渡すことは解決から遠ざかることになる場合があるのです。もちろん一度の失敗で反省して二度と借金に手を染めない方がほとんどですが,二度,三度と援助するのは無駄になることが多いです。一度でダメだった場合はすぐに専門家に相談しましょう。

 

 

  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP