長期の分断がある過払金請求(京都市伏見区在住30代男性Uさんの事例,過払金請求)

相談前

30代後半の男性Uさんは独身時代に大手消費者金融に借入をしていました。結婚して子供もでき,マイホームを建て…と,順調な生活をしているように見えましたが,ふとしたきっかけで再度借入をしてしまい,少しずつ借入額が増えて80万円程になってしまいました。月々の返済額は2万円弱でしたが,家族に内緒でお小遣いで返済を続けるのは苦しく,困ったUさんは当事務所に相談に訪れました。

みらい司法書士事務所の解決方法

 Uさんの借入は独身時代と最近の借入の間に5年間の分断期間がありました。また,再契約により契約番号が変わっていました。全ての取引を一連計算とし,全てこちらに有利に計算すれば40万円程の過払いでしたが,相手方は分断・時効を主張して残債務の支払いを請求してきました。そこで,過払金の返還を求めて訴訟提起しました。

相手方も貸金請求の反訴提起をしたため,勝てば過払い,負ければ借金が残るという非常に厳しい争いとなりました。粘り強く主張・立証を続けたところ,裁判官の心証は原告有利に傾き,10万円の和解金の支払いを勝ち取ることができました。

解決後

Uさんは家族に内緒の借金でした。敗訴すれば家族に話してお金を出してもらわなくてはいけないという状況でしたので,裁判の進行をとても心配していましたが,和解がまとまって大喜びでした。

Uさんは「懲りました…。もう借金なんて絶対しません。」と反省しきりでした。

 

司法書士からの一言

 Uさんの希望は「借金さえ無くなれば過払金が無くても良い。」というものでしたので,裁判前には相手方にゼロ和解の提案もしましたが,まったく応じる気配がなかったので驚いたものです。相手方は勝ち目があると踏んでここで有利な判例の実績を残すつもりだったのかもしれません。ここで負ければUさんのみならず,今後の依頼者,他の弁護士・司法書士にも不利益になりますので,必死に頑張りました。

幸い,Uさんがかなり資料を残してくれていたので,証拠に基づき強く主張・立証ができたので負けずに済みました。

  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP