もう少し早ければ…(宇治市在住60代男性Uさんの事例,過払金請求)

相談前

60代の独身男性Uさんは若いころに浪費癖があり,借金を重ねていました。一時は10社から500万円以上の借入がありましたが,今では浪費癖は治まり,借金も5社から230万円まで減っていました。

Uさんは定年退職して収入は減ってしまいましたが,両親から相続した家に住んでいたため家賃の負担がなく,借金の返済をしながらでも何とか暮らすことはできていました。しかし,結婚して別に一家を構えていたUさんの兄はUさんを心配し,Uさんに当事務所に相談するように勧めました。

 みらい司法書士事務所の解決方法

 Uさんの借入先を調査したところ,借金が残っているとされた5社のうち4社は過払いでした。残る1社も約定で120万円あった債務は再計算の結果40万円ほどであることがわかりました。過払いだった4社に返金を請求したのですが,そのうち2社が立て続けに倒産し,一部しか回収できませんでした。

それでも過去に完済した貸金業者からも含めて過払金を回収し,Uさんには借金を返済した上に100万円をお返しすることができました。

 解決後

 長年の借金の問題があっという間に解決してしまったため,Uさんは「本当に返済しなくてもいいのか?取り立てが来るのではないか?」と信じられない様子でした。

過払金をお返しして,ようやく実感が湧いたようですが,回収できなかった過払金のことを思い出し,「もっと早くやれば良かった。もったいないことしたなあ。」と嬉しいけど悔しいという風情でした。

Uさんのお兄さんは「とにかく借金がなくなったんだから良かったじゃないか」と喜んでいました。

 司法書士からの一言

 借金はなくなったものの,Uさんの取引中に倒産した2社に加えて,完済した5社の内2社が倒産,1社が消滅時効期間経過で過払金の回収ができなくなるという,なんともついていない結果でした。

着手するのが後一年早ければ,Uさんにお返しできた金額は100万円単位で増えていたはずなんですが…。

債務整理をはじめるのに,遅れていいことはひとつもありませんね。迷っているかたはすぐに相談しましょう。

  • 借金の無料相談はこちら0774-32-4555 平日 9:00〜18:00 (土日夜間相談可/要予約) ご相談から解決までの流れはこちら >>

  • PAGE TOP